Rogue Legacy 日本語訳/Prince's Journal

Prince's Journal(王子の日記)の日本語訳。ストーリーの流れがわかりやすいように、日記以外の文章の訳も一部掲載している。

ゲーム開始直後のモノローグ
原文 My duties are to my family...
But I am loyal only to myself.
訳文 この身は妻と子のために。
されど、この忠誠は我が魂のみに捧げん。
注記 ゲーム冒頭のシークエンスで、騎士ヨハンネスはハムソン城へと入り、王のような服装の人物を殺す。王は泉のようなオブジェの前に立っている。
以降、プレイヤーはヨハンネスの子孫たちを操作してハムソン城を攻略することになる。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #1

Treason! An assassin has wounded my father, the king!

To bring order back to the kingdom, he has sent my siblings and I on a quest to
save him. Together, we will venture into the cursed woods, and enter Castle
Hamson.

This cursed castle has stood on the edge of the woods since time immemorial,
but rumors say that within it dwells an item which will cure any ailment.

Tonight I will get a headstart over my brothers and sisters, and set forth on my
quest while they lay asleep.

To fail this quest would be an embarrassment to my name.
訳文 日記1

謀反が起こった。私の父が、つまり国王が暗殺者に襲われ、傷を負ったのだ。
王国に秩序と安寧を取り戻すべく、父は私と同胞たちに使命を下した。我らは父を救うため、これより呪いの森へと向かい、ハムソン城を目指す。
人の曰く、遥か昔より森の外れに建つ忌まわしきかの城に、世の全ての苦しみを癒す秘宝が眠るという。
私は夜半の間に出立する。弟や妹たちの眠るうちに機先を制するのだ。
この使命を果たせなければ、私の名には傷がつくことになるだろう。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #2

Although I am the eldest child, I am not my father's favorite. I have always
known he planned to leave me with nothing.

But if I find the cure, everything will change.

The victor will earn nothing less than the throne upon his passing!

Upon my ascension, my wife and my children shall move back into the royal
quarters. Back to the royal city, where we once again will be treated with the
respect we deserve!

No longer will we stand for the gossip and petty slander of my cousins. The
other dukes shall bow as we pass! But I am getting ahead of myself.

I must keep my priorities clear: Conquer the castle. Find the cure. Collect my
reward.
訳文 日記2

私は長子であるが、父の寵愛を受けているとはいえない。父が私に遺産を残さないつもりでいることも知っている。
だが、私の手で癒しの秘宝を見つけ出すことができれば、その日から全てが変わる。
勝利者には父亡き後の王位が約束されるのだ。
私の即位の暁には妻や子らも王家の住まいに戻り、かつての日のように、再び我らにふさわしい扱いを受けられるようになるだろう。
もう類縁の者どもに後ろ指をさされ、謗りを受けることもない。我らの行くところ、諸侯たちがみな頭を下げて迎える日がくるのだ。とはいえ、今は気を逸らせてはならない。
まずは為さねばならぬことがある。城を探索し、癒しの秘宝をこの手に。それでこそ報いを得ることもできるのだ。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #3

I have paid my dues, and entered the castle proper. That devil Charon has taken
all that I own as payment.

He has been pilfered my private coffers! I have left my wife and children with
nothing.

He says it's the price for any and all who hazard the depths of the castle. He
says it is fair.

It is fair because of all who have entered, none have returned. But I will change
that.

I will be victorious! There is no greater swordsman than I, even amongst my
siblings.
訳文 日記3

城に入るためには代償が必要だった。番人のカロンは、私の所有するあらゆる物を差し出せと要求してきた。
財産を全て、何もかも奪われた。妻と子たちに残してやれるものは何一つなかった。
城に踏み入ろうとする者は、必ずこうして対価を支払わなければならないのだという。何も問題はないとカロンはいった。
ひとたび城に入れば、もはや出てくることはないのだからと。だが、私は違う。
この手に勝利を掴んでみせる。私は最高の剣士だ。同胞たちにも一人として、私に並ぶ者はいないのだ。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #4

Everything about this castle is off. I can't seem to keep track of my headings,
and there is no sun or stars to guide me.

I find myself backtracking constantly, and I must painstakingly map out my
progress lest I go in circles.

The maps I have pilfered off the corpses of other adventurers are breathtakingly
inaccurate. It is almost as if they were describing a different castle altogether!

Parhaps this place does something to the mind...

Or are the stones truly shifting beneath my feet?
訳文 日記4

この城はひどく奇妙な場所だ。自分が進む先もすぐに見当がつかなくなり、太陽や星から道を知ることも叶わない。
ともすれば来た道を引き返してしまい、堂々巡りを避けるだけでも一苦労を要する。
他の冒険者たちの亡骸から拝借した地図は、驚くほど不正確な代物だ。全く別の城の地図なのではないかとさえ思える。
ここには人の心を惑わす何かがあるのか……。
あるいは本当に石畳が動き回り、その並びを変えているのだろうか?

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #5

I cannot exit through the front gate, but that is of little concern. I am
committed to my cause and will not back out!

So far none of the maps I've found coincide with my own.

Yet upon comparing them as a whole, I believe I have unearthed a slight
pattern. It seems the forest is always to the right; the tower above...

And below? Well, hopefully I won't have to find out.
訳文 日記5

正門から外に出ることはできないようだが、さしたる問題ではない。私には目的があるのだ。後に引く必要がどこにあろうか。
これまでに見つけた地図はどれも、私の地図と一致しない。
だが見比べているうちに、一応の傾向があることはわかった。森は必ず右にある。塔は上に……。
では、下には何があるのだろう? 確かめる機会が訪れなければよいのだが。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #6

I have never liked the dark. I prefer to meet my enemies on an open field in
plain sight.

But now I find myself braving these darkened gallows with one gauntlet
outstreched, the other by my hilt. I can never tell what horror lies beyond each
corner.

I am the greatest swordsman in all the lands, yet even I am having trouble
keeping these demons at bay.

My siblings should be grateful that I rushed ahead of them. For them it was a
blessing in disguise. They would not have the fortitude to survive these halls.
訳文 日記6

私は闇を好まない。敵と出会うならば、広く見晴らしのきく場所であってほしいと望む。
だが今、私は恐るべき暗闇と戦っている。ガントレットに包んだ手を、片方は闇の中に伸ばし、片方は剣の柄にかけて。そこここの角の向こうにいかなる恐怖が潜んでいるかは、杳として知れない。
私は国中に二人といない剣の使い手だ。だがそれでも、ここの怪物どもを相手にしては苦戦を免れない。
同胞たちは私が先んじたことに感謝するべきだ。彼らが遅れを取ったのは幸運だったといえる。あの者たちにはここで生き延びるだけの力はない。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #7

It is still night. Past every window stares back the same melancholic moon, but
I swear I have been here for at least a whole waking day.

It must be the adrenaline. I have never felt so powerful, yet simulaneously
challenged. It is exhilarating to charge through these rooms, cutting down
enemy after enemy.

In some ways the foes in this castle feel tailored to me. Training me, guiding
me, watching me.

This may sound crazy, but if this castle can somehow sense those within it, I
fear it may hold malicious intent as well. If my assumptions are correct, the
design of these halls could all be a ploy, culling me down further into a trap.

I must stay alert.
訳文 日記7

夜が終わらない。どの窓からも見えるものは同じ、憂鬱げな顔を浮かべた月ばかりだ。私がここに来てから半日以上は経っているはずだというのに。
さだめし気が昂っているせいでそう感じるのだろう。今の私は体にかつてないほどの力を漲らせ、心に燃える挑戦心を宿している。部屋から部屋へと駆け抜け、次から次へと敵を切り裂く高揚感に身を任せている。
この城の敵は、どこか私のために誂えられているかのようだ。私を鍛え、導き、見張っているかの如くに。
馬鹿げた話であろうが、しかし私は恐ろしい想像をしてしまう。もしこの城が何らかの形で己の内の者を感じ取ることができるのだとしたら、悪意を持つこともできるのではないか。だとするならば、この城の造りの全てが、私を罠へと誘い込むための計略の一環なのかもしれない。
ならば。ならば用心しなければ……。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #8

From the number of dead adventurers I have passed in these halls, I have come
to the following conclusions:

1: Many did not take enough provisions with them. I assume many died of
hunger. I myself am running low and will have to find more supplies.

2: Many are missing clothes, which explains the pant-wearing zombies.

3: No one has made it as far as I, since I haven't passed any corpses in over an
hour.
訳文 日記8

これまでに見つけた数々の冒険者たちの亡骸から、私は以下の結論を導き出した。
1: 多くの者は食料の準備が十分でなかったようだ。飢え死にしたと思われる死体が多い。私の蓄えも残りは少なく、何とか新たに調達する必要がある。
2: 服を失っている死体が多くある。死人の怪物どもが穿き物を身につけているのはそういうことだろう。
3: 私は未踏の領域に足を踏み入れているらしい。もう半時以上も、誰の死体にも出くわしていない。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #9

The door to the throne room is driving me mad! Beyond it lies the king's
salvation, and my reward, but it stands silent in the middle of the castle foyer,
taunting me.

I've tried pushing it, kicking it, yelling "Open Sesame", but nothing works.

There are icons emblazoned into the doors, and one of them looks like a beast I
avoided deeper in the castle. Perhaps there is some sort of correlation?
訳文 日記9

玉座の間への扉が、私の心を千々に乱す。我が王にとっての救いを、私にとっての栄光をその奥に隠しながら、城の広間の中央に鎮座する扉は、私を嘲るかのごとく黙して語らない。
私は扉を押し、蹴り、「開けゴマ」と叫んだが、ことごとくが徒労に終わった。
扉に彫り込まれた像の一つが、以前城の奥で目の当たりにしながらも戦いを避けた怪物の姿に似ている。何か関係があるのだろうか。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #10

The emblems on the castle door are a clue! I slew the giant beast that matched
one of the icons, and I sensed something shift behind the throne room doors.

As if in a dream, I could see an emblem on the door glowing in my mind's eye.

A truly out of body experience.

At least I know I'm on the right track. But I must hasten my pace, for the king
could succumb to his injuries at any moment...

But first I must rest. Tomorrow, I enter the Forest.
訳文 日記10

扉の紋章だ! やはりあれが手がかりだった。像の一つと同じ姿をした巨大な怪物を殺したとき、玉座の間の扉の後ろで何かが動いたのを感じたのだ。
夢のごとき感覚の中で、扉の紋章が光る瞬間を、私は心の目で見た。
あたかも魂が肉体を離れたかのような経験だった。
進むべき道が間違っていないのは確かだが、急ぐ必要がある。父の体がいつ傷に耐えられなくなるとも知れないのだ。
とはいえ、ひとまず今は休まなければならない。明日になったら、森に入る。
注記 像と同じ姿の怪物とは、城エリアのボスのKhidrのことである。Khidrは巨大な目玉の姿をしたモンスターで、The Gatekeeperの二つ名を持つ。二つ名と名前の日本語訳は「門の守り手ヒドル」。
なお、ヒドルという名前はイスラム教の聖人ヒドルに由来する。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #11

This forest is unlike anything I've ever seen before. It is both serene and
terrifying. I stand on lush grass, but beside me yawns open a chasm so wide and
deep, it threatens to swallow me whole.

I still have not heard a response from the rock I tossed in earlier. A single
misstep, and my descent would be eternal. It is truly a horrifying thought.

An eternity of darkness is more frightening than any beast I have fought thus
far. If I fell, what would kill me first? The hunger, or myself?

On a side note, I am now using the forest fissure as my own personal lavatory. I
wonder if I am pooping into another dimension...
訳文 日記11

こんな森はこれまで見たことがない。物静かでありながら、同時に恐怖を潜ませている。青々と茂る草の上に立つ私のすぐ横には、深く大きな裂け目が口を開け、私を一飲みにしようと待ち構えている。
先ごろ裂け目に投げ落とした石が下に落ちる音が、いまだに聞こえてこない。一歩でも足を踏み外せば、永遠に落ち続けることになるに違いない。想像するだに身がすくむ。
永久に続く暗闇の恐ろしさは、これまでに戦ってきたどんな怪物の比でもない。もし落ちたら、どうやって死ぬことになるのだろう。飢えて死ぬのか、それとも自ら命を絶つのだろうか。
ところで私は今、森の裂け目を厠として使っている。私の出したものはどこへ落ちていくのだろう。消えてしまうのか、それとも異次元に飲み込まれるのだろうか。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #12

I have found a solution to my hunger problem. The forest holds an endless
bounty of delicious mushrooms.

And within these mushrooms lie chicken legs! Also gold coins, and vials of
sparkling water... I broke open a tree trunk earlier, and a bag of money fell out.

Sometimes I feel like I have gone insane.

...Plus, what is up with the moon? It's HUGE!
訳文 日記12

もう飢える心配はなくなった。森には妙味豊かな茸がいくらでも生えているのだ。
しかも茸の中には鶏の腿肉が入っている。金貨も、曹達水の瓶までもが入っている。木の幹を打ち壊せば金袋が転がり出てくる。
……ときどき思うのだが、ひょっとして私は狂っているのではないだろうか。
そもそも、あの月もおかしいではないか。あの異様な大きさときたら……。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #13

I slew the beast of the forest, and I have felt the throne room weaken once
more.

So far my assumptions have proven correct. Each wing of the castle houses its
own guardian beast. Was this designed as a test of will? If so, then I cannot fail,
for the further I venture, the more bold I become!

Tomorrow I scour the tower. I am on a roll.
訳文 日記13

森の怪物を殺したとき、玉座の間の力がまた弱まるのを感じた。
これまでのところは、私の考えが正しいことが裏付けられている。守護者となる怪物たちは、城の領域それぞれに潜んでいるようだ。これは意志の強さを問うための試練なのだろうか? ならばそれに打ち勝ってみせよう。危険に挑むほどに、私の心には勇気が溢れてくるのだから。
明日は塔を調べるつもりだ。私は今、確かな手応えを感じている。
注記 森エリアのボスはAlexander。The Forgottenの二つ名を持ち、赤紫の炎をまとった頭蓋骨の姿をしている。二つ名と名前の日本語訳は「忘れられしアレクサンダー」。
名前はアレクサンダー大王に由来する。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #14

I have been methodically clearing the demons in these rooms in my quest to
slay the next guardian, but I am losing track of time... and other things...

As I entered the tower, I felt time stand still. Or perhaps that is the vertigo
talking? I was never keen on heights...or was I?

I am finding it increasingly difficult to remember my past...
訳文 日記14

次の守護者を倒しに向かう途中、城の悪魔どもをしらみつぶしに屠ってきたが、もう時間の感覚がなくなってきた。それに他の感覚も……。
塔に入ってから、時が流れていないかのようにさえ感じる。気の持ちようがそう思わせるのだろうか? 私は高いところなどに執心する質ではなかったのに……いや、あるいはそうであったのか?
どんどん昔のことを思い出せなくなってきている……。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #15

I remember being a famous adventurer. My martial prowess surpassed all of
my brothers. That, I am sure of. While they spent their days buried in their
bookish studies, I was out killing brigands and monsters.

I always wondered why my father favoured them over me? Isn't it always the
opposite in fairytales?

Fortune favors the bold. Not the insipid intellectual... Or something like that.

Man, I would love to see my brothers try to outthink my sword in their face!
訳文 日記15

自分が冒険者として名を馳せていたことは覚えている。私の武勇は兄弟の誰よりも優れていた。それは確かだ。奴らが書物に埋もれて紙臭い学問に励んでいる間、私は野に出て賊や怪物どもと戦い続けていた。
なぜ私ではなく兄弟たちが父に気に入られるのか、常々理解に苦しんできた。御伽噺なら逆ではないか。
運命の女神は勇者にこそ微笑むはずだ。枯れ枝のような賢者にではないはずだ。
ああ、兄弟たちの面前に私の剣を突きつけてやれたら! ご自慢の頭でどうにかできるものか見ものだろうに!

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #16

What if years have passed since I first entered these walls? It is true that I am
becoming more proficient in clearing monsters, but it feels like an age has
passed.

I have even forgotten what my own kin look like.

What if they think I have failed? What if one of my brothers has beaten me to
the cure?

...And what if I mistook them for a monster?
訳文 日記16

ふと思う。この城に入ったのは、ひょっとしてもう何年も前のことなのではないか? 怪物を討ち取る技は日増しに鋭くなり続けるが、その間に長い年月が過ぎてしまったように思えてならない。
もはや親族の者たちの顔さえも、遠い記憶の彼方に消えてしまった。
ふと思う。皆は私が使命を果たせなかったと思っているのではないか? 兄弟のうちの誰かが、もう既に癒しの秘宝に辿り着いてしまったのではないか?
あるいはこうも思う。もしかしたら私は……気づかぬうちに兄弟たちを怪物と間違え、切り捨ててしまったのではないか?

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #17

I must be going insane. I stumbled across a carnival inside this castle. Complete
with a sad clown and everything.

He's sort of an ass. But I guess you can't be picky with your friends in a place
like this.

I'm getting hungry again. Good thing I topped up on chicken legs. I found these
in a chandilier.

This castle... Sometimes I wonder if it's all just a big joke.
訳文 日記17

狂ってしまったに違いない。城の中で宴が開かれているのに出くわした。道化師から何から、全てが揃っていた。
その道化師というのがまたどうしようもない奴だった。とはいうものの、このような場所では友人を選り好みするわけにもいくまい。
また腹が減ってきた。幸い鶏の腿肉が沢山ある。シャンデリアの中に入っていた。
……ときどき、この城全体が質の悪い冗談なのではないかと疑いたくなる。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #18

I have bested the beast of the tower, and once again I could feel the throne
room give up some of its power.

The rush I feel from this victory is intoxicating! Never have I felt so confident,
so powerful, so...at home. Just a little further and I will be able to earn my
reward!

I'm so close! I will make my father proud!
訳文 日記18

塔の怪物を倒し、玉座の間からまた一つ力が消えるのを感じ取った。
この勝利がもたらしてくれた興奮と快感は筆舌に尽くしがたい。これほどまでの溢れる自信を、これほどまでの湧き上がる力を……そしてこれほどまでの安らぎを、かつて得たことがあっただろうか。あとほんの一歩で、これまでの全てが報われるのだ。
もうまもなくだ! 待て、父よ!
注記 塔エリアのボスは、炎に包まれた黒い球体のような姿のPonce de Leonである。The Sentinelの二つ名を持つ。二つ名と名前の日本語訳は「見張り手ポンセ・デ・レオン」。
名前はスペインの探検家フアン・ポンセ・デ・レオンに由来する。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #19

I have been standing outside the dungeon gate for longer then I care to admit.

My courage has finally been sapped, for I have spied the monsters below, and
they make my previous struggles laughable in comparison.

I must steel myself. I must focus. There is so little light down there, I fear that I
may lose myself.
訳文 日記19

長くダンジョンの門の前で立ち尽くしていたが、もう中に入ることにする。
今となっては勇気など失われてしまった。下の怪物どもの様子を探りに向かい、これまでの戦いなど取るに足らないものであったと知った今となっては。
心身を研ぎ澄まさねばならない。決して油断することのないように。下はあまりに暗い。はたして気を確かに持てるだろうか。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #20

I thought I knew what darkness was, but here in the dungeon, the darkness has
a voice.

It calls at me through grates, and around corners. It taunts me.

The darkness is so thick, it is almost tangible, and the beasts here have made it
their home. They move swiftly through the corridors, and are more terrifying
then anything I've fought before.

I must be prudent and choose my battles carefully. Being confrontational now
may cost me my life.
訳文 日記20

闇がどういうものかは知っているつもりだった。だがこのダンジョンでは、闇は声を持っている。
格子の奥から、曲がり角の向こうから、闇が呼びかけてくる。嘲りの声が聞こえてくる。
実体を持たんばかりに濃く淀んだ闇の中に、怪物たちが潜んでいる。奴らは回廊を走り回り、これまでに出会ったいかなる敵も及ばぬ勢いで恐怖を撒き散らす。
慎重の上にも慎重に戦いを進めなければならない。ここでは蛮勇は死をもって贖われることになる。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #21

I have done it! I have defeated the dungeon's master! All that remains is to
enter the throne room.

After this, the king will honor me for my valor and acknowledge me as rightful
successor to the throne!

Not my faceless siblings!
訳文 日記21

やった! 倒した! ダンジョンの主を! もはや向かうばかりだ、玉座の間へと!
来たのだ! 私の武勇が王に認められる日が、私が正統な世継ぎとして認められる日が!
私が! 名もない同胞たちではなく!
注記 ダンジョンエリアのボスは、The Infiniteの二つ名を持つ青いスライムHerodotusである。二つ名と名前の日本語訳は「無限なるヘロドトス」。
名前は古代ギリシアの歴史家ヘロドトスに由来する。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #22

I sit here making my final preparations. All that lays between me and the lord
of this castle is the golden doors.

There is an nervousness in my body that I cannot quell. Is this fear, or
fearcitement? All I know is that my journey is finally reaching an end.

I have almost forgotten why I entered this castle in the first place, but I
remember now.

I have bested my siblings, I will save the king, and leave this castle a greater
man then when I entered. My family will get the honor they so rightfully
deserve.

Now, I enter the throne room.
訳文 日記22

最後の仕度をしながらこれを書いている。城主と私を隔てるものはもう、黄金の扉以外に何もない。
抑えられない緊張が体を支配しているのを感じる。その源は恐怖か興奮か、はたまたそれらの溶け合う坩堝か。確かなのは、私の旅がついに終わろうとしているということだ。
この城に来たそもそもの理由はもはや忘却の彼方へと消えかかっているが、今ならばまだ覚えている。
私は同胞たちに勝った。私は王を救い、英雄となってこの城を出るのだ。これで家族たちを、然るべき栄誉に浴させてやることもできよう。
いよいよだ。これから玉座の間に入る。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #23

I never knew what treasure lay in this castle. I knew only that it would cure the
king.

Who could have suspected it would be the fountain of youth?

I expected a monster to greet me at the dais; a foe of unimaginable strength. I
imagined it would take all my strength to best him.

But when I entered the castle and saw my father - the king - sitting atop the
dais with goblet in hand, I knew all was lost.

He would never die...

...and I would never be heir.

There are no words to express what I feel.
訳文 日記23

この城に眠る宝がいかなるものか、私は知らなかった。わかっていたのは、それで王の身を癒せるということだけだ。
宝の正体が不老の泉であるなどと、誰に知る術があっただろうか。
玉座には怪物が待ち受けているのではないかと考えていた。想像を絶する力を持つ敵。全力をもって打ち倒さねばならない巨大な敵。
だが父を……ゴブレットを手に玉座に座る王を、私は見た。そのとき私は、全てが水泡に帰したことを知った。
父は死なない。
なれば、私は王位を継げない。
この心のうちを表す言葉が、どこにあろうか。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #24

..............................

....
訳文 日記24

………………。
……。

Prince's Journal(王子の日記)
原文 Journal Entry #25

Today marks the rest of eternity.

I never knew what treasure lay in this castle. Just that it would cure the king of
his illness.

... Who would have known it would have been the fountain of youth? A myth,
which grants one eternal life.

As I look down on the body of the king I realize that it is inevitable: children
will always answer for their father's sins.

I entered this castle a swordsman, a savior...

But all I have left is a rogue's legacy.

I can feel your anger, but know it was not I who sent your family to ruin.

The moment the king set foot within this castle, the royal coffers were emptied
by Charon. My family - all families - had lost all hope for a better life.

And in my mind's eye, I foresaw only desperation and poverty ravage the
country. There was nothing for me to go back to.

To my children, and my children's children, here I sit, impassive, immortal, and
await thee.
訳文 日記25

永遠の時の流れが終わる日が来た。
この城に眠る宝がいかなるものか、私は知らなかった。わかっていたのは、それで王の身を癒せるということだけだ。
宝の正体が不老の泉であるなどと、誰が知っていただろうか。永遠の命をもたらす伝説の泉であるなどと。
王の骸を見下ろしながら、私は避けられぬ未来を悟った。子供たちが後々まで父祖の罪を問われるであろうことを。
剣士として、救い主として、私はこの城にやってきた。
だが結局は、忌まわしい遺産を残すことしかできなかった。
怒っていることだろう。しかし忘れないでほしい。一族に破滅をもたらしたのは私ではない。
王がこの城に足を踏み入れた瞬間、王家の財産は全てカロンに奪われた。私の家族の、一族皆の人生から、希望が失われた。
そして私は心の目で予見した。絶望と貧困が国を荒ませる未来を。もはや私には何も残されていなかった。
子供たちよ。子供たちの子供たちよ。私はここにいる。心に何も感じることなく、決して死ぬことなく、お前たちを待っている。
注記 「王の身を癒せる」の部分は、原文ではcure the king of his illness(王の病を癒す)となっている。暗殺者によって負傷させられたということになっていたはずなのに「病」というのもおかしな話であり、原文の内容がそもそも間違っているものと思われるので、訳にあたってはof his illnessは無視することにした。

ヨハンネスとの対峙
原文 Why do you wish to fight me? How many sons and daughters have been lost in
your pathetic attempts at revenge?

It was the king who brought ruin to your contry, not I!

He lied to us. He said he was wounded, yet it was only time that threatened
him!

He pitted his children against one another, sacrificed everything to satisy his
own selfish desires, and in the end, left us penniless and alone.

So I took the only option left to me. I rejected king and country...

And chose a new family instead!
訳文 なぜ私と戦おうとする? お前の無価値な復讐のために、何人の子らが命を落としたと思う?
お前の国を滅ぼしたのは王だ! 私ではない!
王は我々を騙していた。傷に苦しんでなどいなかった。王が恐れていたのは時の流れだったのだ。
奴は己の子たちを互いに争わせ、何もかもを自分の身勝手な欲望の犠牲にした。我々には貧苦と孤独だけが残された。
だから私は、唯一残された道を進むことにしたのだ。王と国に背を向け……。
新しい家族たちを選んだのだ!
注記 日記の書き手の「王子」がヨハンネスであったことが判明する。最後の敵は、The Traitorの二つ名を持つJohannesである。二つ名と名前の日本語訳は「大逆人ヨハンネス」。

ヨハンネスと泉の融合
原文 You think you have slain me?

I have lived for over a thousand years, and I will live for ten thousand more!

Alexander... Khidr... Ponce De Leon...

I was not the first hero to reach the fountain...

But I will be the last!
訳文 殺せたと思ったか?
これまで千余年を生きた私を。この先一万年を生きる私を!
アレクサンダー……。ヒドル……。ポンセ・デ・レオン……。
泉に辿り着いた英雄は私が初めてではない……。
だが、最後の一人は私だ!
注記 一度倒されたヨハンネスが不老の泉と融合した姿で復活し、第二形態のThe Fountainとなる。Johannesの二つ名(?)を持っているので、一応訳すなら「ヨハンネスの泉」だろうか。
なお、ヨハンネス以外のボスキャラクター(ヒドル、アレクサンダー、ポンセ・デ・レオン、ヘロドトス)の名前は、いずれも不老(あるいは若返り)の泉の伝説に関わりのある人物に由来している。

泉の消滅
原文 ...

You have defeated me... But at what price?

I may have slain the king, but only after he betrayed his people.

Ask yourself what justice has been met?

In the end we are all guilty of the same sin. Look to your forefathers - such is
the cost for unquestioned loyalty.

...

...

The sun...

I had forgotten how it feels...
訳文 ……。
お前は私を倒した……。しかし、そのために何を失った?
私は王を殺したかもしれぬ。だがそれは王が裏切った後のことだ。
いかなる正義が為されたというのか、その胸に尋ねてみるがいい。
結局、我々は皆同じ罪を背負っている。己の父祖たちのことを考えてみよ……。それが揺るがぬ忠誠心の代償なのだ。
……。
……。
太陽か……。
もうどんなものだったか忘れていた……。
注記 泉と融合したヨハンネスを倒すと、ステンドグラスの奥から太陽の光が差し込み、最期の言葉を残してヨハンネスは死ぬ。
このあとはエンディングとなる。

  • 最終更新:2013-10-11 20:29:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード